ニューヨークからのお客さま@イサムノグチ庭園美術館ほか

京都を観光されたのち、瀬戸内海のアート鑑賞に来られたお客さまをご案内させていただきました。

直島のベネッセハウスを拠点にした3泊4日の瀬戸内アート鑑賞の旅です。

お客さまにブログ掲載のご了解をいただきましたので、瀬戸内海クルーズの参考にしていただければ幸いです。

1日目

お客さまはニューヨークからのご夫婦で、9時50分京都から新幹線とタクシーを乗り継いで宇野港へ到着。

宇野港桟橋

その1日目は、宇野港から直島の本村港へ渡り、直島島内にあるベネッセ関連施設のアート鑑賞を予定されていました。

10時20分、本村港到着。

直島本村港

本村観光案内所へご案内、荷物を預けて本村地区を回り、ベネッセハウスへ向かうそうです。

直島島内のアクセス

2日目

イサムノグチ庭園美術館を見学。

11時、ベネッセハウス桟橋を出港。

ニューヨークからのお客さま

35分ほどで庵治港到着です。

庵治港

イサムノグチ庭園美術館まではタクシーで10分ほど。

⇒「イサムノグチ庭園美術館」で検索(要リンク届け出のため)してください。

知ってるようであまり知られていないイサムノグチ庭園美術館、イサムノグチが日本で作品を制作していた場所です。聞くところによれば、あえて目立たない場所を選んでアトリエにしていたようです。

イサムノグチはニューヨークと庵治を行き来しながら作品を制作、どちらも美術館が残っていて、庵治には100点ほどの作品を残し、展示しています。

ニューヨークからのお客さんは、地元にゆかりがあるイサムノグチ庭園美術館、その制作を手伝っていた石屋さんにも立ち寄ったらしくとっても感激していました。

3日目

犬島と豊島のアートサイトを巡ります。

9時50分、ぐずついた天候の中ベネッセ桟橋を出港。

ベネッセ桟橋

この日は前線が通過中で大荒れの海況となりました。

犬島へ

そんな状況でも、お客さまはずっとデッキにでて海を眺め、そんな姿を見て私も安心して操船できました。

犬島へ

犬島まで通常30分のところ、50分ほどの10時40分に到着、島内は歩いてアート鑑賞です。

犬島島内のアクセス

犬島のアートサイトは2時間あれば回れますが、犬島はゆっくりと時間が流れる島、ゆったり半日ほどかけて観られるのがお勧めです。

13時犬島港を出港、豊島唐櫃港へ向かいます。

唐櫃港からは島内アートサイトをタクシーで回りつつ、家浦港へ。

豊島唐櫃港

豊島島内のアクセス

船を家浦港へ回航、夕暮れ近く17時に家浦港に戻ってまいりました。それでもまだまだ時間が足りなさそうです。

ニューヨークからのお客さま

帰りはフライブリッジから、ちょっぴりサンセットを楽しんでいただけました。

ベネッセハウス桟橋を後に、都会とはまた違った懐かしい島の明かりです。

ベネッセ桟橋を後に

4日目

最終日、高松空港発11時半の便で東京へ向かいます。

9時前、ベネッセハウス桟橋にはチャーター船が入っていました。

ニューヨークからのお客さま

チャーター船は豊島へ向かうそうで、全員外国の方々です。

9時20分、ベネッセハウス桟橋を後に高松港へ。

ニューヨークからのお客さま

ニューヨークからのお客さま

4日間天候はよくありませんでしたが、なんとか雨もしのげ、最後のクルージングもフライブリッジにて瀬戸内の景色を楽しんでいただけました。

到着した高松港では、次回は快晴の瀬戸内海でお会いしましょうとの約束をして見送らさせていただきました。ありがとうございました。

散骨のお手伝い

葬送の自由をすすめる会の会員さまが希望していた、海洋散骨のお手伝いに行ってきました。

瀬戸内海での散骨は生活地域や漁業にかかわる区域が近いことから場所が限られています。

今回は宇野港からのご希望で、以前そのお手伝いをされていた大前廻漕店さんの大前さんに場所を訊くことにしました。

散骨のお手伝い

海好きの大前さん、若いときからのヨット乗りで、海上タクシーのお仕事もやられていましたが、大病を患い今は船も手放されたとのこと。

お逢いしたときは病も治って元気にお仕事をされていました。

今回は、鳥取県から来たという方の依頼。

近くに適当な業者さんがなく、「葬送の自由をすすめる会」の紹介で、宇野港からの散骨になったとのこと。

海洋散骨

私も家族葬と海洋散骨を希望している一人ですので、故人の思いがよくわかります。

今日、手紙を添えて、散骨場所の分かる地図情報をお送りしました。

手紙には、

「瀬戸内海は島々が密集していて、どこに行っても陸地が見える海です。

反面、外国のヨットマンなどからは、こんなに島が見られ、船が行き交う海は他にはないと、絶賛される海でもあります。

勝手ながら、故人の方も今そんな瀬戸内海に驚かされているのではないかと思っています。

海は世界中繋がっています。多分、故人の方もこれから世界の海に旅立たれるのではないかと思っています。

そして、また瀬戸内海に戻って来られた時には「お帰りなさい」と言いたいです。

故人のご冥福をお祈り申し上げます。」

と、書き添えました。

NEWFURUNET号の回航

船の安全性向上と、広いデッキやフライングブリッジなどお客さまに喜んでいただけるように船の取替えをすることにしました。

今日は、早朝から新しい船の回航で広島県廿日市市に向っています。

初めて乗る新幹線さくら、外観も機内もまるで飛行機、福山城って駅前にあったのですね周辺の景色がとってもキレイでした。

福山城公園

8時26分廿日市市に到着、M本さんに送ってもらい県営桟橋へ。

M本さんから音頭の瀬戸までの航路を教えてもらったり、船の引継ぎをして9時半に県営桟橋を出航。

見送ってくれたM本さん、長年付き合ってきた船との別れを辛そうにしていました。

船の回航

M本さん、大事に乗りますんで、ご心配なきように。

船の回航

今日の天候は晴れたり曇たり、西の風強く波は50cm~1m、午後からは風もしだいに強くなるとのこと。

さすがに広島県、目の前にはカキの養殖イカダが一面に張られていてぐるっと迂回。

高松まで約180km、一抹の不安はあっても一旦海にでると気分は爽快。

M本さんに教えてもらったおかげで音頭の瀬戸まで順調に来られました。

音頭の瀬戸

60mの水路幅、大型船の往来もなく無事に通過。

来島海峡が近付くにつれ海は荒れてきます。

来島海峡

そんな折、伊吹島の北まで来たところ突然計器パネルの水分離機に警告ランプが点灯。

燃料系統では燃料が減るにつれタンクに溜まった水分やゴミが混じってくるので心配はしていたところ、どうすりゃいいのか分からずWorksの大将に電話。

何とか電話が繋がり指示を仰ぐ、航路を離れて指示されたように水分離機の下にあるコックを緩め水を排出すると警告ランプも消えた、ホっ(^^;

船の回航

こんな荒れた海での漂流はかなわんからなぁ、大将にはベリー感謝やなぁ。

その後、庄内半島を越え高見島を過ぎるころには波はしだいに収まり、無事に見慣れた瀬戸大橋も通過。

瀬戸大橋

マリーナ到着は14時半、出航からちょうど5時間。

船の回航

警告ランプと荒れた海況には冷や汗をかいたが、おおむね順調に回航することができました。

M本さん、Worksの大将ほか、回航直前まで船の整備をしてくれた方々に感謝です。

お疲れさまNEWFURUNET号、塩漬けになった船体を洗い流しキレイになりました。

NEWFURUNET号

NEWFURUNET号は、2015年2月初旬運行開始予定です。

どんな船になるのか、お楽しみに!

今回の回航ルート詳細はこちらから