島宿三虎グルメの旅@真鍋島

東京からのお客さまとその友人など6名の方々と真鍋島島宿三虎グルメクルージングに行ってきました。

9時20分高松港を出港。

昨日は残念だったカモメの餌付け、今日はしっかり楽しまさせてくれました。

カモメの餌付け

瀬戸大橋を南から北へ、

瀬戸大橋クルージング

六口島、海から見る象岩です。海から見ても象さんに見えますね。

六口島、海から見る天然記念物象岩

11時40分、真鍋島島宿三虎さん桟橋へ到着です。

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

運よく、前日宿泊されていたミュージシャンの方々の演奏を聴くことができました。

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

みなさんは、お隣の北木島の方々でした。昨夜はとってもにぎわったようです。

三虎の風景と音楽、とってもお似合いです。

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

三虎さんの食堂、すでに準備が整っていて料理が整然と並んでいます。

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

アップで、

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

 

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

 

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

 

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

 

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

などなど^^。

お腹が落ち着いたところで、真鍋島散策、山越えの道から三虎、佐柳島を望みます。

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

こちらは真鍋島の玄関本浦港です。

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

ネコ好きの人は、島ネコに癒されています。

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

島ネコですが、最近、島を訪れる観光客と、島で暮らしている方々との気持ちの温度差を感じることが増えてきました。

瀬戸内海の観光資源として何とかうまく共生できるように願ってやみません。

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

まだ現役の真鍋島中学校、3人の中学生が在学だそうです。

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

真鍋島散策お疲れさま、出港前に船のデッキでコーヒータイム、Sさんの手作りケーキがとっても美味しい!サンクス!

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

天候がずっと気になっていましたが、なんとか雨に降られずよかったです。

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

今日、東京に帰られる方もいらっしゃって高松港の到着時刻も気になってましたが予定通り17時半に帰港となりました。

秋の夕暮れ、陽が落ちるのも早くなりました。お陰でとってもキレイな高松港の夜景が観られます。

みなさん、長時間のクルージングお疲れさまでした。

真鍋島、島宿三虎グルメクルージング

今日一日いろんな人と出会い、いろんなことを教えていただきました。お客さまに感謝です。

2015シルバーウイークルーズ1日目@犬島、六口島、真鍋島

岡山からのファミリーさん、ご夫婦と娘さんご夫婦、お孫さん9人で2日間クルーズの初日です。

宇野港を9時半に出航、今日は岡山県三島、犬島、六口島、真鍋島を巡ります。

宇野港

天気に恵まれ、まさにクルージング日和となりました。

娘さんの一人はオーストラリアキャンベラからの参加、英語圏のファミリーがいるなんてうらやましいです。

犬島へ

40分ほどで犬島港到着、今回はベネッセさんの桟橋を使わせていただきました。

犬島港

チケット売り場横、犬島精錬所美術館前の芝生広場、緑がまぶしいです。

犬島にて

岡山宝伝港からの定期船はピストン運行、毎回定員いっぱいで運行していました。

犬島港への定期船

チャーター船で来た遠足と思われる小学生らしき団体さん、島はしっかり賑わっていました。

犬島への遠足らしき貸切船

11時半、犬島を後に一気に瀬戸大橋へ。

犬島をあとに

天気がいいので真っ青な空に銀色の橋が輝いて見えます。

瀬戸大橋クルージング

瀬戸大橋をくぐって六口島へ、

六口島へ

六口島の象岩亭、夏はすでに過ぎ去りし、でも桟敷席は満杯です。

象岩帝

海からのアクセス、ウエットスーツのまんまで食事もOK!

象岩亭前の海

オーナー岸田さんに訊くと、予約客は私たちだけ、あとはみなさんひょこっと立ち寄ったマイボートやマリンオートバイのお客さんでした。

象岩亭の桟敷席

象岩亭のアイドル、コブダイちゃん、怖そうですけどそんなことはありません、そばに寄ってきて自慢のコブに触らせてくれますよ~

象岩亭のアイドル

すぐ横にある、国の天然記念物「象岩」です、谷間から序々に見えてくる感じがなんとも言えず好きです。

国の天然記念物、象岩

お尻を向けて首をひねってるように見えませんか?

国の天然記念物「象岩」

軽めの昼食をとって今日の宿泊場所、真鍋島「島宿三虎」へ、

真鍋島、島宿三虎です

六口島から真鍋島「島宿三虎」の桟橋まで約40分、お疲れでした、ゆっくり、ゆったり、波の音と夕暮れを楽しんでください(^^)

島宿三虎

定期船でも来れますけど、やっぱりここは海からのアクセスがリゾート気分でいい、三虎の玄関口。

島宿三虎さん

振り返ると・・・、

向こうは香川県の佐柳島です。

島宿三虎桟橋

今日の宿泊場所は、ラッキーかなフロランが泊まったところ、天文台の下の部屋です。

リンク⇒イラスト「真鍋島」の作者フロラン

島宿三虎の天文台

フロランが泊まった部屋、その後も外人さん御用達の部屋になってるらしい。

フロランが泊まった部屋

南の窓からの景色、桟橋の向こうに佐柳島が見えます。

窓からの景色

さて、お楽しみの夕食、みなさんは家族そろって食堂ですけど、私は潮騒を聴きながらリッチにテラス席を独り占め。

三虎の夕食

島宿三虎の夕食

島宿三虎の夕食

島宿三虎の夕食

島宿三虎の夕食

パーゴラのテラス席、波の音楽でとってもリッチな気分です。

島宿三虎の夕食

部屋の窓からも見渡せます。

島宿三虎の夕食

今夜は波の音と共におやすみです、いい夢が見られそう。

岡山S様へのご提案

岡山S様、ご家族(幼児~)10人~様で、2日間のクルージングのご依頼です。
ご家族で楽しんでいただける参考コースを作りましたのでご検討ください。

1日目の行程です。

1日目、宇野から真鍋島

地図へのリンクはこちらからどうぞ⇒1日目宇野港から真鍋島へ

宇野港 ⇒ 犬島 ⇒ 瀬戸大橋クルージング ⇒ 六口島象岩亭にて昼食 ⇒ 真鍋島観光 島宿三虎にて宿泊

詳細

宇野港発9:00
宇野港の高速艇発着桟橋から出港いたします。
桟橋のすぐ前に産業振興ビルの駐車場1日1,000円または、ちょっと離れた場所にポートパーキングうの1日500円(満車の日が多い)があります。

9:45犬島着
家プロジェクトや精錬所美術館(10:00開館)などを歩いて見学。
(リンク 精錬所美術館

犬島発11:30 ⇒ 12:30瀬戸大橋クルージング ⇒ 13:00六口島着
瀬戸大橋の下をくぐり、象岩亭にてちょっと遅い昼食、すぐ前のビーチでご休憩タイム。

六口島発15:00 ⇒ 15:40真鍋島島宿三虎桟橋着
島内観光、三虎で夕食&宿泊、すぐ前のビーチでサンセット鑑賞、夜釣りなどを楽しんでください。

 

2日目の行程です。

2日目真鍋島から宇野

地図へのリンクはこちらからどうぞ⇒2日目真鍋島から宇野港へ

2日目は時間に余裕がありますのでご希望の時刻に出発してご希望の島を回れます。

取り合えずのお勧めコース

真鍋島島宿三虎出発 ⇒ 粟島観光 ⇒ 本島屋釜海水浴場でショートキャンプ(イルカ村・笠島地区見学など) ⇒ 宇野港

詳細

真鍋島三虎桟橋発9:00 ⇒ 9:30粟島着
港にあるノスタルジックな海員学校や、瀬戸芸2013のアート鑑賞

お昼の食事ですが、
●粟島の港にあるル・ポールでする(リンク ルポールの食事

●次の場所、本島屋釜海水浴場の浜辺で自前のバーべキュー(三虎さんでバーベキューの材料を用意してもらう)

●三虎さんにお昼の弁当を作ってもらう。

など

粟島発12:00 ⇒ 12:40本島屋釜海水浴場着
ここの海水浴場は、あまり人が来ない静かな場所にありますが、自動販売機やトイレもあってご家族でのんびり過ごすにはいい場所です。
併設されている本島イルカ村では有料ですが、見学や餌やり、一緒に泳ぐこともできます。
(リンク 本島イルカ村)(リンク 本島イルカ村リサーチ

また、すぐ近くには本島の笠島地区というところがあって、古い町並みを保存し一般に公開、カフェもありますので時間があれば散策するのもお勧めです。

本島発16:00 ⇒ 17:00宇野港着

簡単ですが、ご提案内容を参考にご検討ください、よろしくお願いいたします。

先日のロケがテレビで放送されました

先日のロケで収録された旅番組が「瀬戸内の風光明媚な島々を船で巡る!森尾由美&母 島の温もりにふれる旅」と題してテレビで放送されました。

瀬戸内の風光明媚な島々を船で巡る!森尾由美&母 島の温もりにふれる旅

瀬戸内の風光明媚な島々を船で巡る!森尾由美&母 島の温もりにふれる旅

海上タクシーは移動の足としても使っていただきましたけど、けっこう番組の中にも登場させてもらってありがたいことです。

今回は塩飽本島、六口島、直島、豊島を巡る2泊3日の旅でしたが、私のの知らないところもあったり、目線が変わればこんなに楽しく映るんやなあと感心、放送を観ながら当時を思い出しさすがプロの仕事だと感じました。

ロケのお手伝い

BS日テレの旅番組「イチオシ!2泊3日の旅」で、今回俳優の森尾由美さん、お母さん出演のロケのお手伝いに行ってきました。

早朝心配していた風や波もなく、べたなぎの高松港。

べたなぎの高松港

車を運んできたスタッフ1人を乗せ、並走をお願いした㈲高松海上タクシーさんの船共々本島へ向けて出発、まだ暗いうちに本島へ到着です。

明るくなって笠島でのロケを終えたスタッフが到着、総勢9人の荷物がスゴイ量、これは2隻でないと撮影できない。

本島泊港

さっそく、森尾さん親子が乗船するまでのロケが始まりました。

ロケ本番始まる

このあと森尾さん親子はFURUNET号に乗船、船内と並走する㈲高松海上タクシーさんの船から撮影をしながら六口島へ。

六口島にて

六口島では、象岩亭の岸田さんが案内して象岩を眺めながらのロケです。

象岩でのロケ

六口島を出航して瀬戸大橋をくぐるところでロケ、与島へカメラを据えてのロケ、どんなストーリーで繋がるのか出来上がりが楽しみです。

そのあと、直島宮浦港、本村港、豊島家浦港の各港を回って今日のお手伝いが終了です。

直島宮浦港

でも、森尾さん親子、スタッフの皆さんは夕方までずっと撮影が続くようです、お疲れさんです。

マリーナへ帰るころには、チラホラ日差しも見え始め、天候も回復してきました。

天候も回復してきました

今日一日、小雨や曇りで天候は芳しくなかったが、心配していた風や波が大したことなくてほんとうに助かりました。

今回の撮影は、2月13日(金)夜7時からBS日テレで放送予定だそうです、楽しみ(^^)!

明けまして、おめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

フルネット海上タクシーもお陰さまで、この1月15日無事3年目を迎えることになりました。

これもご利用いただいた皆さまのお陰と感謝しているところです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

また今日はお陰さまで、新春初仕事となりました。

早朝暗いうちにマリーナを出港して、久々に瀬戸大橋をくぐって本島です。

瀬戸大橋をくぐって本島へ

7時半の本島、まだ人の動きもなく静まり返った泊港、

本島泊港

瀬戸大橋の向こうにはほんのり朝焼けが覗いています。

本島から見る朝焼け

今日は旅番組のロケハンで本島を取材しているY田デレクターを六口島へご案内します。

最近は素朴な暮らしが都会の人たちにはゆる~く映るらしく、そんな旅番組の取材で今回は本島から六口島へ渡ってみようかってのロケハンです。

象岩亭の岸田さんに案内してもらって五輪の塔に登り象岩を見下ろしました。

六口島、五輪の塔から

ここの五輪の塔は、この象を見た近くのお寺さんがインド仏教に関係のある象を祭るために建てたらしいのです、ん~なるほどですね。

また、ここから見下ろす象岩は海水や石などの侵食でできたもので、国内では数少ない国指定の天然記念物になっています。

六口島の象岩

ってことで後日決まるロケ本番はこの象岩もカメラに収まるとのこと、お楽しみに!

これは象岩亭さんに頂いた干しタコ、今夜の酒の肴になっています(^^)

象岩亭さんの干しタコ

フルネット海上タクシーは今年もバージョンアップ、NEW FURUNET号にご期待よろしくです!