男木島の魅力

本村港までお客さまを送った帰り、久々に男木島へ寄ってみました。

男木島港とめおん

何といっても港のシンボルは、ジャウメプレンサ作、男木島の魂、通称男木交流館。

連想するのは、夏のまぶしい太陽です。

ジャウメプレンサ作、男木島の魂、通称男木交流館

交流館の裏に停まってた大きくて可愛いオンバ、製作No120って描かれてあります、ってことは比較的あたらしいオンバ作品。

製作No120の大型オンバ 男木島ならではの乗り物

男木島の狭い坂道を元気に走る大型オンバ、

後で大島さんに聞くと男木島コミュニティ のテーラー(荷運び用に開発された乗り物)で大島さんのお兄さんが製作、ペイントしたのは男木島へ移住して漁師になった橋本さん、男木島の子供達8人がモデルらしい、顔が分からないがどれが誰だかちゃんと分かるのだそうな。

今日はお客さんが比較的少なく島全体がのんびりした感じ、私的にはこんな男木島が好きだが、土日祝日が稼ぎ時の島にはちょっと残念かも。

オンバファクトリーへ、久しぶりの大島さん。ちょっとお疲れモードのご様子。

オンバファクトリーの大島さん

グーチョキパーのカタカタを作ってましたが、同じものを作るのはちょっと・・・・、分かりますその気持ち、

男木島でオンバ作りを頑張ってきた大島さん、どうも話の端々から、そろそろオンバから身を引いて自分のオリジナル作品を作りたいって思ってるらしい。

ん~、男木島には居なくてはならない人、もう少しと言わずずっと頑張っていて欲しいが・・・

でいろいろ話していると、お勧めの場所があるんや!、って男木島にできた美術館「アキノリウム」を紹介してくれた。

これがとっても癒されるらしい、さっそく行ってきた。

まあ、男木島の道はグニャグニャ、そして同じような細道がたくさんあってよう分からん、一番上まで上がってしまった。

男木島港

大島さんに電話で道案内してもらいようやく到着。

男木島の美術館アキノリウム

入場は無料、開館は土日祝日だけで、11時から16時までの開館となっていた。

男木島の美術館

入り口に古い農機具などを展示してるスペースがあって中庭に入るとそれらしき入り口がある。

男木島の美術館

遮光カーテンがあってめくるとなつかしいような音と影絵が・・・

男木島の美術館

中はこんな感じ。


私一人で、この環境を独り占め、しっかり癒されました。

ひとつひとつの作品がホント生きてるような、それでもって自然な音のリズムを奏でている、動物がいる森の中で居るみたいで癒されます。

ここはぜったいお勧めです!今だけですけど、無料ってのが信じられない、男木島へ土日祭日に行った方は絶対寄るべしです。

男木島の美術館 IMGP2148 IMGP2149 IMGP2150 IMGP2151

場所の道順が分かりにくいので道順案内、

まずは、男木島の郵便局から、

男木島の美術館への道順

上って行くと、右手にオンバファクトリーがあります。

男木島の美術館への道順

そこを通り過ぎてしばらくまっすぐ、次の三叉路を右に、

男木島の美術館への道順

しばらく行くと左にカモメヤさんのカフェ、そこを通り過ぎて、

男木島の美術館への道順

カーブミラーのある三叉路を右に曲がる、

男木島の美術館への道順

パイプの電話があるところを左に曲がる。

男木島の美術館への道順

で、まっすぐ進むと左手に美術館、って言っても普通の民家なんでアキノリウムと書かれた張り紙を見落とさないように!

そんなことで楽しく癒される時間を堪能、帰りには港の男木島テーブルで浜口さんのサザエ飯400円をゲット、毎回来るたびに買って帰ってます、大きなサザエがポロポロ入っていてお勧めです。

浜口さんのサザエ飯

行く度に新しい発見のある男木島、今回はとっても癒されました。

行く度に新しい発見のある男木島

ご結婚1年目のS様

東京からゴールデンウイークを利用して旅をされてるS様カップル。

小豆島土庄港から直島宮浦港まで約45分のクルージングを楽しんでいただきました。

お二人とも海技免許を持たれているとのことで話題は船や島々のこと、乗船中はフライブリッジからの瀬戸内の景色や潮風を満喫していただけたようです(^^)

東京から来られた結婚1年目のS様

とっても仲のいいお二人、ご結婚から1年目ということでまだまだ新婚さん、新婚時代のいい思い出になれば、って願っていますよ~(^^)

この後の旅もエンジョイして楽しい思い出をたくさん持って帰ってくださいね!

岡山S様へのご提案

岡山S様、ご家族(幼児~)10人~様で、2日間のクルージングのご依頼です。
ご家族で楽しんでいただける参考コースを作りましたのでご検討ください。

1日目の行程です。

1日目、宇野から真鍋島

地図へのリンクはこちらからどうぞ⇒1日目宇野港から真鍋島へ

宇野港 ⇒ 犬島 ⇒ 瀬戸大橋クルージング ⇒ 六口島象岩亭にて昼食 ⇒ 真鍋島観光 島宿三虎にて宿泊

詳細

宇野港発9:00
宇野港の高速艇発着桟橋から出港いたします。
桟橋のすぐ前に産業振興ビルの駐車場1日1,000円または、ちょっと離れた場所にポートパーキングうの1日500円(満車の日が多い)があります。

9:45犬島着
家プロジェクトや精錬所美術館(10:00開館)などを歩いて見学。
(リンク 精錬所美術館

犬島発11:30 ⇒ 12:30瀬戸大橋クルージング ⇒ 13:00六口島着
瀬戸大橋の下をくぐり、象岩亭にてちょっと遅い昼食、すぐ前のビーチでご休憩タイム。

六口島発15:00 ⇒ 15:40真鍋島島宿三虎桟橋着
島内観光、三虎で夕食&宿泊、すぐ前のビーチでサンセット鑑賞、夜釣りなどを楽しんでください。

 

2日目の行程です。

2日目真鍋島から宇野

地図へのリンクはこちらからどうぞ⇒2日目真鍋島から宇野港へ

2日目は時間に余裕がありますのでご希望の時刻に出発してご希望の島を回れます。

取り合えずのお勧めコース

真鍋島島宿三虎出発 ⇒ 粟島観光 ⇒ 本島屋釜海水浴場でショートキャンプ(イルカ村・笠島地区見学など) ⇒ 宇野港

詳細

真鍋島三虎桟橋発9:00 ⇒ 9:30粟島着
港にあるノスタルジックな海員学校や、瀬戸芸2013のアート鑑賞

お昼の食事ですが、
●粟島の港にあるル・ポールでする(リンク ルポールの食事

●次の場所、本島屋釜海水浴場の浜辺で自前のバーべキュー(三虎さんでバーベキューの材料を用意してもらう)

●三虎さんにお昼の弁当を作ってもらう。

など

粟島発12:00 ⇒ 12:40本島屋釜海水浴場着
ここの海水浴場は、あまり人が来ない静かな場所にありますが、自動販売機やトイレもあってご家族でのんびり過ごすにはいい場所です。
併設されている本島イルカ村では有料ですが、見学や餌やり、一緒に泳ぐこともできます。
(リンク 本島イルカ村)(リンク 本島イルカ村リサーチ

また、すぐ近くには本島の笠島地区というところがあって、古い町並みを保存し一般に公開、カフェもありますので時間があれば散策するのもお勧めです。

本島発16:00 ⇒ 17:00宇野港着

簡単ですが、ご提案内容を参考にご検討ください、よろしくお願いいたします。

リピーターのお客さま

昨年ご利用していただいた方に、再びご乗船をしていただきました。

ブログへの掲載を快くご了解していただきましたので、ご紹介させていただきますが、実はNEWFURUNET号の初お客さまなのです、ありがとうございます。

今日の豊島家浦港は、弱い西の風ですけど波は穏やか、春が来たかと思うようなクルージング日和。

豊島家浦港

カップルのお二人(お友達ですよ~と訂正させられましたが、)せっかくですのでフライブリッジでしばらく瀬戸の潮風を堪能していただきました(^^)

夕暮れ間近の瀬戸の海

15分ほどでブリッジから降りて来られましたけど「とってもよかったです」とのご感想で、喜んでいただけました。

もう少し暖かくなったらもっと快適なんでしょうけど、ちょっと寒かったですね、次回は夏にぜひ。

高松港で記念の写真を撮らせていただきました。若いっていいですね、絵になってます。(^^)

ベックさん、マドカさん、ご乗船ありがとうございました。

ご乗船いただいたベックさんは、もう10数回にわたって瀬戸内のアートを観に来られているリピーターさんです。

四季折々の瀬戸内海の景色や、島々で繰り広げるアートの活動は来る人を飽きさせないのでしょう。

ベックさん、マドカさん、ご乗船ありがとうございました。またのご来島をお待ちしていますよ~(^^)

先日のロケがテレビで放送されました

先日のロケで収録された旅番組が「瀬戸内の風光明媚な島々を船で巡る!森尾由美&母 島の温もりにふれる旅」と題してテレビで放送されました。

瀬戸内の風光明媚な島々を船で巡る!森尾由美&母 島の温もりにふれる旅

瀬戸内の風光明媚な島々を船で巡る!森尾由美&母 島の温もりにふれる旅

海上タクシーは移動の足としても使っていただきましたけど、けっこう番組の中にも登場させてもらってありがたいことです。

今回は塩飽本島、六口島、直島、豊島を巡る2泊3日の旅でしたが、私のの知らないところもあったり、目線が変わればこんなに楽しく映るんやなあと感心、放送を観ながら当時を思い出しさすがプロの仕事だと感じました。

いりこの島、伊吹島の春日旅館さんリサーチ

2015年1月26日、友人のヨットの回航で立ち寄った伊吹島、定期船が通う真浦港のすぐ前にある春日旅館さんで、回航の疲れを癒させていただきました。

伊吹島では、春日旅館さんが手配してくれた漁船専用の新しい桟橋へヨットを接岸。

夕方の港には定期船が横付けされていました。

伊吹島真浦港

今夜の宿泊場所は、その港の前にある春日旅館さんです。

伊吹島の春日旅館

伊吹島の春日旅館

入るととっても明るい玄関、女将さんが出迎えしてくれねぎらいの言葉が嬉しい、濡れたカッパを脱ぎ、出してくれたハンガーにかけて一息、案内してくれた部屋に入る。

部屋の入り口には「鯛の間」と書かれている、おもしろいなあ、ちなみに友達の部屋は鱸(スズキ)の間だった。

春日旅館の客室

さっそくお風呂、女将さんに大浴場ですか、って訊いたら笑われてしまった。

食事の前、冷えた体をお風呂で温めます、気持ちいい(^^)

清潔感あふれるお風呂

お風呂で一気に疲れがとれて元気復活!

階段には、瀬戸芸でも有名な大岩オスカールさんの作品がありました、島の風情がいいね!

瀬戸芸でも有名な大岩オスカールさんの作品

広い食堂は貸切。

春日旅館の食堂

さすが、新鮮な魚介類オンパレードです。

さすが、新鮮な魚介類オンパレードです。

ブリの刺身に厚切りのしゃぶしゃぶ、茹で牡蠣などなどで、とっても満足。

ふと見上げた額縁には勲章が・・・・、

見上げた額縁には勲章が・・・・、

代々議員さんを務めた先代の方々が頂いたものとのこと、現在のご主人も島の役場で支所長を勤められているそうです。

食堂も広くて明るいし、女将さんもいい方でいろいろ島のお話が聞けて楽しい夕食でした。

部屋に戻り、テレビを見ながらリラックス。

今夜はエアコンの効いた暖かい部屋、布団は軽くて快適です(^^)

実は、昨日の宿泊場所では昔ながらの綿布団で羽毛布団に慣らされた私は圧迫死寸前、それもエアコンなし(--;

翌朝、6時半の朝食予定だったが、私は寝過ごしてしまい友人の目覚まし電話で目が覚めた。

春日旅館の豪華朝食

旅館ならではの豪華な朝食、家では毎日パン食なんでこんな朝食は嬉しい。

この春日旅館、朝夕食付きのこの内容で8,000円はかなりリーズナブルなのではと思ってしまう。

ご主人、女将さん、最後に楽しく快適に宿泊できてとってもよかったです、ありがとうございました。

春日旅館のご主人と女将さん

疲れた体と心を癒すにはとっても暖かい伊吹島の春日旅館。

もちろん、お土産は伊吹産の い・り・こ でした(^^)

連絡先や詳しいサービスなどは、ホームページからどうぞ!⇒http://kasugaryokan.iinaa.net/aisatsu.html

ロケのお手伝い

BS日テレの旅番組「イチオシ!2泊3日の旅」で、今回俳優の森尾由美さん、お母さん出演のロケのお手伝いに行ってきました。

早朝心配していた風や波もなく、べたなぎの高松港。

べたなぎの高松港

車を運んできたスタッフ1人を乗せ、並走をお願いした㈲高松海上タクシーさんの船共々本島へ向けて出発、まだ暗いうちに本島へ到着です。

明るくなって笠島でのロケを終えたスタッフが到着、総勢9人の荷物がスゴイ量、これは2隻でないと撮影できない。

本島泊港

さっそく、森尾さん親子が乗船するまでのロケが始まりました。

ロケ本番始まる

このあと森尾さん親子はFURUNET号に乗船、船内と並走する㈲高松海上タクシーさんの船から撮影をしながら六口島へ。

六口島にて

六口島では、象岩亭の岸田さんが案内して象岩を眺めながらのロケです。

象岩でのロケ

六口島を出航して瀬戸大橋をくぐるところでロケ、与島へカメラを据えてのロケ、どんなストーリーで繋がるのか出来上がりが楽しみです。

そのあと、直島宮浦港、本村港、豊島家浦港の各港を回って今日のお手伝いが終了です。

直島宮浦港

でも、森尾さん親子、スタッフの皆さんは夕方までずっと撮影が続くようです、お疲れさんです。

マリーナへ帰るころには、チラホラ日差しも見え始め、天候も回復してきました。

天候も回復してきました

今日一日、小雨や曇りで天候は芳しくなかったが、心配していた風や波が大したことなくてほんとうに助かりました。

今回の撮影は、2月13日(金)夜7時からBS日テレで放送予定だそうです、楽しみ(^^)!

明けまして、おめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

フルネット海上タクシーもお陰さまで、この1月15日無事3年目を迎えることになりました。

これもご利用いただいた皆さまのお陰と感謝しているところです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

また今日はお陰さまで、新春初仕事となりました。

早朝暗いうちにマリーナを出港して、久々に瀬戸大橋をくぐって本島です。

瀬戸大橋をくぐって本島へ

7時半の本島、まだ人の動きもなく静まり返った泊港、

本島泊港

瀬戸大橋の向こうにはほんのり朝焼けが覗いています。

本島から見る朝焼け

今日は旅番組のロケハンで本島を取材しているY田デレクターを六口島へご案内します。

最近は素朴な暮らしが都会の人たちにはゆる~く映るらしく、そんな旅番組の取材で今回は本島から六口島へ渡ってみようかってのロケハンです。

象岩亭の岸田さんに案内してもらって五輪の塔に登り象岩を見下ろしました。

六口島、五輪の塔から

ここの五輪の塔は、この象を見た近くのお寺さんがインド仏教に関係のある象を祭るために建てたらしいのです、ん~なるほどですね。

また、ここから見下ろす象岩は海水や石などの侵食でできたもので、国内では数少ない国指定の天然記念物になっています。

六口島の象岩

ってことで後日決まるロケ本番はこの象岩もカメラに収まるとのこと、お楽しみに!

これは象岩亭さんに頂いた干しタコ、今夜の酒の肴になっています(^^)

象岩亭さんの干しタコ

フルネット海上タクシーは今年もバージョンアップ、NEW FURUNET号にご期待よろしくです!