牛窓から頭島Villa Rebornへ

牛窓経由日生諸島の頭島へ、島々が点々とする海面には牡蠣筏がひしめきあい、途中一瞬ですがスナメリの姿も見えました。
目指すは、一人のヨットマンが廃墟を蘇らせて造ったというゆったりくつろいで食事ができるVilla Reborn、どんなところなんだろう、てワクワクしながら行ってきました。
Villa Reborn って→ http://reborn1.com/about.html

牛窓から多くの牡蠣筏が浮かぶ虫明湾を通り頭島を目指します。

牛窓周辺はイルカの仲間スナメリが見られる海域、その虫明湾で一瞬スナメリと遭遇!

スナメリ発見

通りがかりに息継ぎで一瞬だけ浮上したところを見ることができました。
捕食してるときは頻繁に姿を現しますが、通りがかりでしたので残念ながらその後、姿を見ることができませんでした。

頭島には最近橋が架かり、小さな島なんですけど車で行けるんです。
日生諸島の島々をめぐるクルージングは新しい発見があってまた楽しいひと時です!

頭島へ

橋の右側が頭島です。

ここをグルっと周るとVilla Rebornの白い建物が見えます。

海から見えたVilla Reborn

頭島へ、陸からも海からもアクセスできる頭島、定期船も通っていて、いつでも行き来できるっていいですね!

頭島上陸

上陸したところにあった頭島観光案内、地図の右下の半島突端を目指します。

頭島案内図

主要産業は牡蠣の養殖と出荷、港界隈にはそんな施設が並んでました。

牡蠣の稚貝を付着させるバンガラです。このホタテの貝殻を海に沈め放流した稚貝を付着させ、大きく育ってます。

バンガラ

今回案内役を買ってくれた井上キャプテン、案内看板をたどって行くと迷わず行けます。
なんと隣にはバス停標識が、小さな島ですけど橋を渡ってバスも通ってるんですね。

Villa Reborn案内看板

海水浴場の前にあったカフェSEASCAPEさん、夏だけ営業してるとのこと。海水浴客はチラホラ、海には浮き桟橋があって飛び込み台代わりになってた。駐車場もあり穴場の海水浴場です。

SEASCAPE

夏だけ営業にしては良心的なお値段です。

SEASCAPE

歩くこと15分ほど、Villa Reborn到着!

Villa Reborn到着!

Villa Reborn、オーシャンビューがとっても快適!

オーシャンビューがとっても快適!

Villa Rebornより

Villa Rebornより

Villa Rebornより

Villa Rebornより

Villa Rebornより

シンプルな食事ですけどこの景色に癒されます。
Villa Rebonのオーナーご夫婦気さくな方でまた逢いに行きたくなります。

Villa Rebornより

帰り道、あまりの暑さで伸びてました(^ ^)

暑さで伸びてました(^ ^)

この後、頭島から牛窓へ、曇ってた空も日差しが眩しいほどに!

頭島から牛窓へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です