様々な島をめぐるクルージング

ユアクルーズでは、瀬戸内の島々のアート、グルメ、観光の3つを楽しんで頂こうと、いろんなクルージングを企画しています。

今日はそんなクルージングを総まとめにしたような場所を駆け足で巡ってきました。

最初に立ち寄った女木島の西浦港に作られたOKタワー、女木島港からのバスでも来れますが、船だと簡単アクセスです。

女木島西浦のOKタワー

瀬戸芸2016女木島です。

女木島

新しい作品も加わってバージョンアップ。

中でも女木島名画座は、エアコンが効いた映画館のヒンヤリ感、外界と隔絶されたノスタルジックな雰囲気がよかったです。

女木島名画座

女木島名画座

お昼を男木島でお勧めフレンチ、

男木島ビストロ伊織

ビストロ伊織さんのプレートランチ1500円、食材はほとんど男木島で採れたものを使っていて、とっても美味しいのです。

ビストロ伊織のプレートランチ

このあとのデザートも付いています。

ビストロ伊織のプレートランチ

実はシェフの前田さん、大阪で20年修行を積んでいます。

その話を切り出したところ、その場所を聞いてびっくり、誰もがアッという初代料理の鉄人石鍋裕(いしなべゆたか)シェフのお店クイーンアリスです。

そこで料理長を務めていたというから二度びっくりです。

料理のおいしさから腕はいいとは思っていましたが・・・

ビストロ伊織前田シェフ

男木島のアートの発信基地オンバファクトリーへ、2010年から瀬戸芸に参加していて男木島アートの中心的役割を担っています。

オンバファクトリー

バブル崩壊でほんろうさせられた瀬戸大橋の島々。

中でも一大レジャーランド計画が持ち上がっていた小与島の今、かつて盛んだった採石業を営む人もいなくなった景色が観る人にいろんな感情を沸かせます。

小与島砕石跡地

小与島砕石跡地

全28室オーシャンビューの豪華リゾートホテルアクア小与島は、今は廃墟と化しています。

アクア小与島

普段車で通る瀬戸大橋、海上からは美しいモニュメントに見えます。

海上から観る瀬戸大橋

笠島まち並み保存地区にある吉田邸

知りませんでしたが、香川県は昔愛媛県に属していたのですね、そんなことが分かる資料があったり、築100年の歴史を堪能できるところです。

塩飽本島笠島の吉田邸

塩飽本島笠島の吉田邸

高見島、佐柳島と共に多度津町の島です。

秋の瀬戸芸2016に参加の高見島、飛びネコで有名になった佐柳島、一時の賑わいがどういうふうに島を変えるか

過疎化に悩む瀬戸内の島々の選択肢の一つとしてアートを選んだ島とそうでない島、自分の目と耳で確かめて欲しいです。

高見島浜港

高見島

志々島の大クス、海からでも観られます。

志々島では島民20人の島を30人に増やすべく、アートに頼らず島民総出で活動しています。

志々島の大クス

志々島の大クス

佐柳島の両墓制を海から見学しながら、真鍋島へ

真鍋島島宿三虎

スナメリが観られる佐柳島と真鍋島間の航路、今日も一頭が優雅に泳いでるのが観られました。

スナメリ発見

夕暮れを眺めながら夕食、その時期の海の幸をいただけるのも瀬戸内の島々ならではです。

島宿三虎の料理

島宿三虎の料理

島宿三虎の料理

島宿三虎の料理

島宿三虎の料理

この後帰路につきますが、母港高松に帰ったのは夜の10時半でした。

今日は走行距離約200kmとちょっとハードなクルージング。

 


長くなりますが、後日お客さまからのメールで感じた事、

「なかなかハードなツアーでしたが、複数の島を巡ってみて

初めて気づくこともたくさんあり、たいへん勉強になりました。」

他にもこんなことも、

「岡山・香川の島はかなりまわった方だと思っていましたが、

まだまだ知らないことがたくさんあるということを実感

しました。

外から見ると、瀬戸内の島といって一括りにしがちですが、

それぞれ文化も歴史も違うことを体感しました。」

と、ありがたい感想です。

瀬戸内の島、ってひとくくりにしがちですが、そこには言葉は同じでも海で隔離されてきたために、島の歴史も違うし、現在の状況も様々、

地球自体を瀬戸内海に例えると、そこに点在する大陸、国々が島であって、その島々はずっと外から来る人たちや文化を拒んできた。

しかし今や世界と同じく島の状況が変わってグローバルな波が押し寄せてくると、どこまで外界と協調していくかを島ごとに模索している、そんな様子がよく伺えます。

多くの島々に島88か所があるのも海を越えてお四国参りができなかった島独特の文化だと思えるし、当然ながら多くの島々があるとそれらを力で統治しようとした塩飽水軍や村上水軍も、アメリカや今の中国のようなものに似ている気さえする。

便利さや贅沢を求めなければ島の生活は快適だ。今、徐々にそんな生活が見直されてきている風潮をよく感じます。

小豆島は島とは言いがたいが、小さい島男木島などは都会で住む若者などの移住者が徐々に増えてきている。

やはり若者子供が増えることが島の活力になってると思える。

どの島も独特の文化やそれぞれの特徴を残しつつ、これからも住みやすく、ウエルカムな島となって欲しい。

昔過ごした塩飽本島の生活や今やってる船の仕事を通じて瀬戸内海の良さをノスタルジックに感じるこの頃です。

二隻運航でクルージング

今日はいっぱい笑顔が見られました。

有限会社高松海上タクシーさんと二隻運航で男木島港から豊島唐櫃港へ若者を乗せてのクルージングです。

IMGP0660

島テーブルの浜口さんお勧め、さわらの刺身500円GET、サザエのつぼ焼きの香りが流れる男木・島テーブル。

男木・島テーブルの浜口さん

クルージングは10人づつに分かれて乗船、

直島まで二隻運航

豊島唐櫃港まで二隻運航です、コースは、男木島灯台沖から、本線航路を横断。

二隻運航でクルージング

波しぶきを浴びながらもにぎやかな歓声が沸き上がり爽やかな春のクルージングを楽しんでいただけたようです。

ちなみに一人当たり料金は1,000円と、とってもリーズナブルです。

帰りには変わったデザインのコンテナ船に遭遇、こんなの初めて見る!

風変わりなコンテナ船

とってつけたような船首部分が目を引く。

風変わりなコンテナ船

ちょうどいい風で、高松沖ではヨットの練習、夏近しの風景。

二隻運航でクルージング

瀬戸芸2016豊島

このブログでは、一日で男木島と豊島を回ろうと考えている方の参考になればと思います。

今回は男木島で友人と合流して男木・島テーブルで昼食、その後海上タクシーで豊島家浦港へ向かいます。

平常日のお客さんはやや少なめ、瀬戸芸2016を楽しむには平常日がいいです。

友人はめおんで男木島到着。

めおん

めおんからの、私とユアクルーズのクルーザー。

男木島港

お昼は島テーブルで浜口さんのサザエ飯(400円)とつぼ焼き(400円)。

この組合せシンプルですけど、とっても美味しくてお勧めです。

男木島テーブル

昼食後、男木島から豊島へ移動、乗船時間は20分ほど、

豊島宮浦港から歩いて5分ほどのところにある安岐石油さんでレンタカー(軽四半日3,800円)を借り、瀬戸芸アートめぐり。

まず豊島美術館、ここからは海と大地が織りなす景色が素晴らしいです。

豊島美術館

豊島美術館は2回目、とっても落ち着く場所、写真撮影ができないのが残念です。

甲生地区に新しくできた「豊島八百万(よろず)ラボ」、スプツニ子さんの作品。

スプツニ子!八百万ラボ

実は3年前、このポスターが気になり美術館に足を運んだこともあって、スプツニ子さんが豊島に

作品を作るとのことを聞いて楽しみにしていました。

スプツニ子!

最近思う現代アートは、作品もおもしろいけど、その背景にある作者の経歴、環境、思想など、作者を知るともっと楽しめる。

ちなみにスプツニ子の名前は、高校時代のあだ名スプートニクからもじったそうです。

同じ甲生地区の「遠い記憶」、

廃屋となった集会場に作った作品、となりには豊島小学校の分校があったそうな、なんとなく作品の意図するところが分かるような・・・

遠い記憶

宮浦に戻って豊島横尾館、ここも超アッという建物。

豊島横尾館

豊島横尾館

今回から展示の「針工場」大竹伸朗の作品だけどこの人の作品は残念ながらよくわからない。

ま、分からないのが現代アートだけど・・・

大竹信郎針工場

所要時間2時間ほど、半日(4時間)かければもっと作品を観られると思います。

男木島灯台一般公開

2016年1月31日(日)は男木島水仙ウォークの日、また男木島灯台の中に入れる唯一の日でもあります。

男木島灯台一般公開

「男木島灯台一般公開」海上保安部の方々が早くから来て準備してくれていました。

男木島灯台一般公開

受付で申し込むと無料で見学できますが、狭いので一度に3人づつが二組しか入れません。

ここは灯台の正面を入ったところ。

男木島灯台一般公開

室内には停電した時のための非常用電源と、明かりの制御装置が置かれてあります。

男木島灯台一般公開

男木島灯台は、庵治の御影石を使って造られた灯台で内部の階段も石をラセン状に重ねて作られていました。

男木島灯台一般公開

階段は一人がやっと登れるぐらいの空間です。

男木島灯台一般公開

途中の窓から覗いた景色。

男木島灯台一般公開

最上階までの2か所は鉄のハシゴがかけられています。

男木島灯台一般公開

足元はこんな感じ。

男木島灯台一般公開

最上階の灯具が施設された部屋。

男木島灯台一般公開

男木島灯台一般公開

灯具には平成25年6月7日取り付けと書いてありました。

男木島灯台一般公開

天井はドームになってます。

男木島灯台一般公開

最上階からの景色。

男木島灯台一般公開

男木島灯台、外観は何度も見ましたが、中がどうなってるのか今回初めて見せていただき構造がよく分かりました。

海上保安部のみなさんありがとうございました。

何故か双眼鏡が・・・

沖には大型船が航行していたり、石でできた灯台や周辺の施設に癒されます。

男木島灯台一般公開

男木島灯台と船

この場所がカメラ撮影のベストポジション。

男木島灯台と船

カメラ好きの知り合いがいたので話を聞くと、これから通過するサンフラワー号をバックに灯台を撮りに来た、と話してくれました。

そんな楽しみ方もあるんだね。

これがそのサンフラワー号、船と灯台とってもお似合いです。

サンフラワー号

今年の水仙は暖冬で早くから咲き始め、今日の水仙ウォークは残念ながら満開を過ぎていました。

男木島水仙ウォーク

帰り道、10時のフェリーで来られた方々が男木島灯台を目指しています。

今日はとってもいい天気で、ウォーキング日和。

男木島水仙ウォーク

港ではゆったりくつろげるように食事場所が設けられています。

男木島水仙ウォーク

港から男木島灯台まで歩いて30分、ちょうど手ごろなウォーキングです。

大型船と男木島灯台のコラボも見どころです。

水仙は終盤ですがこれからの季節、お弁当を持ってウォーキング、ハイキングにとってもいい場所ですね。

ビストロ伊織リサーチ@男木島

東京からとその仲良しお友達の3人で男木島クルージングに行ってきました。

男木島クルージング

3人の目的は、昨日男木島でオープンしたフレンチレストラン「ビストロ伊織」でのランチです。

場所は男木島港から歩いて5分、民宿さくらの裏。

ビストロ伊織

ビストロ伊織

ここを曲がったところに、シェフ前田さんご夫婦手作りのお店があります。

ビストロ伊織

大変忙しい最中でしたが、シェフは笑顔で応対してくれました。サンクス!

ビストロ伊織

本日のメニューは、

ビストロ伊織

店内はというと、こんな感じ、内装品、装飾もすべて前田さんご夫婦の手作り!

ビストロ伊織

本日のランチが運ばれてきました。

ビストロ伊織のランチ

これには、もれなくシェフの笑顔と、楽しい講釈が付くようです。

ビストロ伊織のランチ

しし(イノシシ)肉のミートパイ

ビストロ伊織のランチ

男木タコのソースオイリ、

ビストロ伊織のランチ

スズキのポアレソースタラブン、

ビストロ伊織のランチ

後は、ごめんなさい、聞き逃しました。

ビストロ伊織のランチ

黙っていればイノシシ肉とは分からないほど野獣の香りがなくて、とっても美味しい。

ビストロ伊織のランチ

忘れてしまった食材!?も食べやすくて美味しい。

ビストロ伊織のランチ

とどめのデザート、「え~これで1,500円って続けられるの、本当に大丈夫?」って訊くと、

「大丈夫、続けます」とはっきりと答えてくれた。

ビストロ伊織のランチ

私を含め、みなさん島でのフレンチに大満足です。

外に出ると、建築中に居付いたという親ネコと子ネコ2匹の看板ネコが待ってます。

ビストロ伊織のネコ

食事に癒され、ネコに癒され・・・

ビストロ伊織のネコ

こちらが親ネコ、長く伸びた足はバレリーナのよう。舞台は温水器の上。

ビストロ伊織のネコ

ビストロ伊織を後にして、食後の運動がてら男木島灯台へ。

畑をキレイに整備されている島の方からスイセンをいただきました。思わぬプレセントに感激です。

男木島灯台へ

曇りの予報に反して青空も見えだして、とっても気持ちがいい。

男木島灯台へ

帰りに海から見る男木島灯台、とってもステキです。

男木島灯台へ

男木島灯台、今は黄色いツワブキの花が満開、スイセンの花もこれからです。

美味しいフレンチのお店が加わった男木島、行くたびに新しい発見が待ってる男木島、何度行っても飽きません。

ヨットで男木島

今年1月に広島県から回航してきたヨットBlue waveⅡ。

オーナーのH多さんが半年をかけてコツコツとメンテナンスしてきました。

本日、その完成お祝いクルージング、ヨットで男木島です。

まずはシャンパンで、ヨット完成おめでとう!

乾杯

梅雨まだ明けずですけど、最高のセーリング日和、11時にマリーナを出港、風は東の風3~4mで少し物足りずでしょうか。

ヨットで男木島

青い空と海、さわやかな風のセーリング、とっても気持ちいい!

ヨットで男木島

約2時間のセーリングで男木島へ。

男木島テーブルでちょっと遅い昼食、いつもよくしてくれる浜口さんから焼き魚のプレゼント、うれしいぃ~、おいしいぃ~!

男木島テーブルでランチ

オンバカフェで食後のひと時、デッキからの眺めに癒されながらの一杯、遠くには瀬戸大橋が・・・

オンバカフェでのひと時

細い坂道の景観を楽しみながら、男木島美術館アキノリウムへ。

男木島の坂道

今日はかわいいお姉さんがお出迎え、

男木島アキノリウムへ

実は先週からですけど、館内の鑑賞が有料(300円)となりました。

それでも観る価値、聴く価値ありのアキノリウムです。

男木島アキノリウム

男3人旅、この後玉姫神社へ。

男の島ながらここは安産の神様、

男木島玉姫神社へ

おっさんたちはボケずに暗算ができるように!なぁ~んて冗談言いながらお参り。

集落のなかでは一番高い場所、女木島の向こうに高松市内の景観がうっすら、街を離れて島に来てるんだなあ、って感じる場所です。

玉姫さんからの景色

ネコたちのお出迎えを受けながら東の漁港へ。

男木島のネコ 男木島のネコ

私もネコ好き、動物好きですけど、今男木島ではネコの繁殖に困っていて、あちらこちらにネコに餌を与えないで!って張り紙があるのがちょっと残念です。

でもネコ好きの人が来て島が賑わってるのも現実のこと、マナ~を守ってネコとタワむれましょうね。

男木島のネコ

漁港で船の整備をしているオンバの大島さん、この船を使って観光漁業を目指しています。

採った魚は持ち帰れるようです、その日が待ち遠しいですね。

観光漁業を目指す

久々のヨットセーリング、帰りは風も吹いてすべるようにマリーナへ。

ヨットで男木島、島ならでは、ヨットならではの、のんびり旅でした。

ヨットで男木島

ミシガンのご夫婦

神奈川からのH山ご夫婦とお友達のミシガン州のご夫婦をお迎えに行ってきました。

ベネッセのシャトルバスまでお迎えに。

直島本村のシャトルバス停

2日前直島へ送って行ったときは雨で景色を眺めることもできなかった天気ですが、昨日は天気もよく島内を気持ちよく散策されたとのこと、また島から遠くには瀬戸大橋まで見えたとのことでよかったです。

今朝は地中美術館を鑑賞したそうで、ちょうど「モネと地中美術館」の催しもあって、とくにミシガンのご夫婦はとてもよろこんでくれたらしいです。

直島へは、ミシガンのお友達ご夫婦が海が見たいとの話しから、それじゃあ・・・沖縄は遠いし、瀬戸内海なら、ってことで選んだそうです。

本村港にて。

直島本村港にて

高松港までの途中、せっかくなので男木島の広報活動もかねて途中寄港、港周辺を散策してもらい、男木島テーブルでは浜口さんのおごりでタコとサザエの試食。

男木島テーブルにて

外国人にはデビルフイッシュのタコ、恐る恐るでも興味を持ってもらえたようで、サザエの蓋をお土産に持ち帰ってくれました(^^)

後で調べると、ミシガン州はほとんどが湖でかこまれた場所で海には接してなくこの瀬戸内海にはとっても興味があったようです。

高松港にて。

高松港にて

多忙で旅行にもなかなか行けなかったというミシガンのご夫婦、今回の旅行は新婚旅行だ!って話していたようで、とってもよろこんでくれました。

直接、瀬戸内海や島々の感想を生で聞きたかったですが、・・・・来年までにガンバリます。

最後に船に描かれた「Dreams come true」のイニシャルにカメラを向けていてました。まさにそんな気分だったのでしょうね。

Dreams come true

それからH山さんから、ミシガンの彼も地元で船に乗ることがあるけれど、今回の船が一番よかったと言ってると教えてくれました。

社交辞令なんでしょうけど、この仕事をしていてそう言われることがとっても嬉しくこれからの励みになります。

また、最後に心配りまでいただいてありがとうございました。

みなさん、残りの旅行観光をエンジョイしてください。また、再会できることを願っています。

男木島の魅力

本村港までお客さまを送った帰り、久々に男木島へ寄ってみました。

男木島港とめおん

何といっても港のシンボルは、ジャウメプレンサ作、男木島の魂、通称男木交流館。

連想するのは、夏のまぶしい太陽です。

ジャウメプレンサ作、男木島の魂、通称男木交流館

交流館の裏に停まってた大きくて可愛いオンバ、製作No120って描かれてあります、ってことは比較的あたらしいオンバ作品。

製作No120の大型オンバ 男木島ならではの乗り物

男木島の狭い坂道を元気に走る大型オンバ、

後で大島さんに聞くと男木島コミュニティ のテーラー(荷運び用に開発された乗り物)で大島さんのお兄さんが製作、ペイントしたのは男木島へ移住して漁師になった橋本さん、男木島の子供達8人がモデルらしい、顔が分からないがどれが誰だかちゃんと分かるのだそうな。

今日はお客さんが比較的少なく島全体がのんびりした感じ、私的にはこんな男木島が好きだが、土日祝日が稼ぎ時の島にはちょっと残念かも。

オンバファクトリーへ、久しぶりの大島さん。ちょっとお疲れモードのご様子。

オンバファクトリーの大島さん

グーチョキパーのカタカタを作ってましたが、同じものを作るのはちょっと・・・・、分かりますその気持ち、

男木島でオンバ作りを頑張ってきた大島さん、どうも話の端々から、そろそろオンバから身を引いて自分のオリジナル作品を作りたいって思ってるらしい。

ん~、男木島には居なくてはならない人、もう少しと言わずずっと頑張っていて欲しいが・・・

でいろいろ話していると、お勧めの場所があるんや!、って男木島にできた美術館「アキノリウム」を紹介してくれた。

これがとっても癒されるらしい、さっそく行ってきた。

まあ、男木島の道はグニャグニャ、そして同じような細道がたくさんあってよう分からん、一番上まで上がってしまった。

男木島港

大島さんに電話で道案内してもらいようやく到着。

男木島の美術館アキノリウム

入場は無料、開館は土日祝日だけで、11時から16時までの開館となっていた。

男木島の美術館

入り口に古い農機具などを展示してるスペースがあって中庭に入るとそれらしき入り口がある。

男木島の美術館

遮光カーテンがあってめくるとなつかしいような音と影絵が・・・

男木島の美術館

中はこんな感じ。


私一人で、この環境を独り占め、しっかり癒されました。

ひとつひとつの作品がホント生きてるような、それでもって自然な音のリズムを奏でている、動物がいる森の中で居るみたいで癒されます。

ここはぜったいお勧めです!今だけですけど、無料ってのが信じられない、男木島へ土日祭日に行った方は絶対寄るべしです。

男木島の美術館 IMGP2148 IMGP2149 IMGP2150 IMGP2151

場所の道順が分かりにくいので道順案内、

まずは、男木島の郵便局から、

男木島の美術館への道順

上って行くと、右手にオンバファクトリーがあります。

男木島の美術館への道順

そこを通り過ぎてしばらくまっすぐ、次の三叉路を右に、

男木島の美術館への道順

しばらく行くと左にカモメヤさんのカフェ、そこを通り過ぎて、

男木島の美術館への道順

カーブミラーのある三叉路を右に曲がる、

男木島の美術館への道順

パイプの電話があるところを左に曲がる。

男木島の美術館への道順

で、まっすぐ進むと左手に美術館、って言っても普通の民家なんでアキノリウムと書かれた張り紙を見落とさないように!

そんなことで楽しく癒される時間を堪能、帰りには港の男木島テーブルで浜口さんのサザエ飯400円をゲット、毎回来るたびに買って帰ってます、大きなサザエがポロポロ入っていてお勧めです。

浜口さんのサザエ飯

行く度に新しい発見のある男木島、今回はとっても癒されました。

行く度に新しい発見のある男木島

大荒れのナイトクルージング

今日は、朝から強風波浪注意報が出っぱなしの荒天です。

夕方から天候がやや持ち直してきたので、予約のあった男木島へ。

荒天の中、男木島へ

沖へ出ると予想通り波が高いです、マリーナと女木島の間、女木島を抜けて男木島港入り口まではいつもの事ながら荒れていて付近はフェリーしか見えません。

夕暮れの男木島到着。

男木島へ

ジャウメプレンサ作、男木島の魂、通称男木交流館、長年男木島へ通ってるけど、夜の風景を肉眼で見るのは初めて、特にここは回りの水面に映る光や影が素敵です、時間ごとに変わる港の風景にも感動ですね。

ジャウメプレンサ作、男木の魂

島テーブルでは今日のお客さんが集まり、男木島の活性化を目指しBBQパーティ真っ盛り。

島テーブルではBBQ

やっぱり若者が集うことで過疎となった島々が息を吹き返してきたなあ、って感じるこのごろです。

20時過ぎにパーティがお開きとなって高松港まで送って行きます。

今夜は2隻運行、前を走る㈲高松海上タクシーの船も波しぶきを上げながら右左に大きくロール、こんな船に乗るのは始めての方もあり揺れるたびに大きな悲鳴のような歓声が沸きあがります。

高松港へ到着、毎度ながら無事にお客さまを送り届けることができると、ホッとします。

無事高松港へ

お疲れ様でしたって言いたいところ、ここからマリーナへ帰るまでの間、風や波に向かって走るのがまた一仕事。

荒天のなかの回送

マリーナへ到着して船を下りたのはもう22時も近くなったころ。

マリーナ到着

こんな航海も数回経験すると慣れては来るものの、毎回緊張の連続です。

何があっても安全にお客さまをお届けすることを一番に、と言い聞かせる今日のナイトクルージングでした。