瀬戸芸2016豊島

このブログでは、一日で男木島と豊島を回ろうと考えている方の参考になればと思います。

今回は男木島で友人と合流して男木・島テーブルで昼食、その後海上タクシーで豊島家浦港へ向かいます。

平常日のお客さんはやや少なめ、瀬戸芸2016を楽しむには平常日がいいです。

友人はめおんで男木島到着。

めおん

めおんからの、私とユアクルーズのクルーザー。

男木島港

お昼は島テーブルで浜口さんのサザエ飯(400円)とつぼ焼き(400円)。

この組合せシンプルですけど、とっても美味しくてお勧めです。

男木島テーブル

昼食後、男木島から豊島へ移動、乗船時間は20分ほど、

豊島宮浦港から歩いて5分ほどのところにある安岐石油さんでレンタカー(軽四半日3,800円)を借り、瀬戸芸アートめぐり。

まず豊島美術館、ここからは海と大地が織りなす景色が素晴らしいです。

豊島美術館

豊島美術館は2回目、とっても落ち着く場所、写真撮影ができないのが残念です。

甲生地区に新しくできた「豊島八百万(よろず)ラボ」、スプツニ子さんの作品。

スプツニ子!八百万ラボ

実は3年前、このポスターが気になり美術館に足を運んだこともあって、スプツニ子さんが豊島に

作品を作るとのことを聞いて楽しみにしていました。

スプツニ子!

最近思う現代アートは、作品もおもしろいけど、その背景にある作者の経歴、環境、思想など、作者を知るともっと楽しめる。

ちなみにスプツニ子の名前は、高校時代のあだ名スプートニクからもじったそうです。

同じ甲生地区の「遠い記憶」、

廃屋となった集会場に作った作品、となりには豊島小学校の分校があったそうな、なんとなく作品の意図するところが分かるような・・・

遠い記憶

宮浦に戻って豊島横尾館、ここも超アッという建物。

豊島横尾館

豊島横尾館

今回から展示の「針工場」大竹伸朗の作品だけどこの人の作品は残念ながらよくわからない。

ま、分からないのが現代アートだけど・・・

大竹信郎針工場

所要時間2時間ほど、半日(4時間)かければもっと作品を観られると思います。

先日のロケがテレビで放送されました

先日のロケで収録された旅番組が「瀬戸内の風光明媚な島々を船で巡る!森尾由美&母 島の温もりにふれる旅」と題してテレビで放送されました。

瀬戸内の風光明媚な島々を船で巡る!森尾由美&母 島の温もりにふれる旅

瀬戸内の風光明媚な島々を船で巡る!森尾由美&母 島の温もりにふれる旅

海上タクシーは移動の足としても使っていただきましたけど、けっこう番組の中にも登場させてもらってありがたいことです。

今回は塩飽本島、六口島、直島、豊島を巡る2泊3日の旅でしたが、私のの知らないところもあったり、目線が変わればこんなに楽しく映るんやなあと感心、放送を観ながら当時を思い出しさすがプロの仕事だと感じました。

ロケのお手伝い

BS日テレの旅番組「イチオシ!2泊3日の旅」で、今回俳優の森尾由美さん、お母さん出演のロケのお手伝いに行ってきました。

早朝心配していた風や波もなく、べたなぎの高松港。

べたなぎの高松港

車を運んできたスタッフ1人を乗せ、並走をお願いした㈲高松海上タクシーさんの船共々本島へ向けて出発、まだ暗いうちに本島へ到着です。

明るくなって笠島でのロケを終えたスタッフが到着、総勢9人の荷物がスゴイ量、これは2隻でないと撮影できない。

本島泊港

さっそく、森尾さん親子が乗船するまでのロケが始まりました。

ロケ本番始まる

このあと森尾さん親子はFURUNET号に乗船、船内と並走する㈲高松海上タクシーさんの船から撮影をしながら六口島へ。

六口島にて

六口島では、象岩亭の岸田さんが案内して象岩を眺めながらのロケです。

象岩でのロケ

六口島を出航して瀬戸大橋をくぐるところでロケ、与島へカメラを据えてのロケ、どんなストーリーで繋がるのか出来上がりが楽しみです。

そのあと、直島宮浦港、本村港、豊島家浦港の各港を回って今日のお手伝いが終了です。

直島宮浦港

でも、森尾さん親子、スタッフの皆さんは夕方までずっと撮影が続くようです、お疲れさんです。

マリーナへ帰るころには、チラホラ日差しも見え始め、天候も回復してきました。

天候も回復してきました

今日一日、小雨や曇りで天候は芳しくなかったが、心配していた風や波が大したことなくてほんとうに助かりました。

今回の撮影は、2月13日(金)夜7時からBS日テレで放送予定だそうです、楽しみ(^^)!

大荒れのナイトクルージング

今日は、朝から強風波浪注意報が出っぱなしの荒天です。

夕方から天候がやや持ち直してきたので、予約のあった男木島へ。

荒天の中、男木島へ

沖へ出ると予想通り波が高いです、マリーナと女木島の間、女木島を抜けて男木島港入り口まではいつもの事ながら荒れていて付近はフェリーしか見えません。

夕暮れの男木島到着。

男木島へ

ジャウメプレンサ作、男木島の魂、通称男木交流館、長年男木島へ通ってるけど、夜の風景を肉眼で見るのは初めて、特にここは回りの水面に映る光や影が素敵です、時間ごとに変わる港の風景にも感動ですね。

ジャウメプレンサ作、男木の魂

島テーブルでは今日のお客さんが集まり、男木島の活性化を目指しBBQパーティ真っ盛り。

島テーブルではBBQ

やっぱり若者が集うことで過疎となった島々が息を吹き返してきたなあ、って感じるこのごろです。

20時過ぎにパーティがお開きとなって高松港まで送って行きます。

今夜は2隻運行、前を走る㈲高松海上タクシーの船も波しぶきを上げながら右左に大きくロール、こんな船に乗るのは始めての方もあり揺れるたびに大きな悲鳴のような歓声が沸きあがります。

高松港へ到着、毎度ながら無事にお客さまを送り届けることができると、ホッとします。

無事高松港へ

お疲れ様でしたって言いたいところ、ここからマリーナへ帰るまでの間、風や波に向かって走るのがまた一仕事。

荒天のなかの回送

マリーナへ到着して船を下りたのはもう22時も近くなったころ。

マリーナ到着

こんな航海も数回経験すると慣れては来るものの、毎回緊張の連続です。

何があっても安全にお客さまをお届けすることを一番に、と言い聞かせる今日のナイトクルージングでした。