散骨のお手伝い@直島・屋島

「直島の近くで散骨をしたい」という女性のお手伝いをしてきました。

高松港から散骨

海洋散骨はまだまだ一般に浸透されてなく誤解を招くことがありますが、香川県では「節度をもって行えば、問題はない」との見解を出してくれています。

瀬戸内海の散骨について ←2016年4月28日に確認したところリンク切れになっていました。

こちらに東京都福祉保健局の見解が出てましたので参考にしてください。⇒散骨に関する留意事項

お話を聞くと、お骨は女性のお友達のスペイン人、将来日本で住みたいと願っていて直島や屋島の観光にも来ていたそうです。

5年ほど前に亡くなり、スペインでの散骨を終えてご家族が好きだった日本にも、とお骨を女性に託したのだそうです。

出発前にそんなお話しを聞いて、今回は直島近辺と、屋島の近く2箇所での散骨を提案、それから思い出の場所を船から散策することにしました。

高松港には海の貴婦人と称される海王丸が接岸され、その華麗な姿を見せていました。

海王丸@高松港

直島での散骨。

真っ赤なバラの花びらが海面を鮮やかに変えました。

直島での散骨

持ってきたスパークリングワインとお骨も海へ。

直島での散骨

思い出に残っているカボチャを海から鑑賞。

直島での散骨

赤カボチャは岸に堤防があって海から見えにくいのですが、今日は大潮の満潮ともあって海からキレイに見えました。

直島での散骨

スペイン人の彼はこの瀬戸内海や島々を、とっても素晴らしい場所だと語っていたようです。

そんな瀬戸内海へ戻って来られたのは本当によかったです。

あらためて瀬戸内海が素晴らしい場所ってことを教えていただきました。

男木島灯台を眺めながら屋島沖へ。

屋島沖で散骨

ここでもバラの花とスパークリングワイン、スペインのお水を添えて散骨。

汽笛を鳴らし別れを告げて高松港へ。

瀬戸内海での散骨

先日来冬型の天候が続き荒れた海で心配していましたが、今日はとっても穏やかな海でした。

今日は、彼の好きだった瀬戸内海を、彼と同じように彼女に感じていただけたように思います。

いろんなお話しを聞かせていただいてありがとうございました。

少しでもお役に立てたことを嬉しく思います。

散骨のお手伝い

葬送の自由をすすめる会の会員さまが希望していた、海洋散骨のお手伝いに行ってきました。

瀬戸内海での散骨は生活地域や漁業にかかわる区域が近いことから場所が限られています。

今回は宇野港からのご希望で、以前そのお手伝いをされていた大前廻漕店さんの大前さんに場所を訊くことにしました。

散骨のお手伝い

海好きの大前さん、若いときからのヨット乗りで、海上タクシーのお仕事もやられていましたが、大病を患い今は船も手放されたとのこと。

お逢いしたときは病も治って元気にお仕事をされていました。

今回は、鳥取県から来たという方の依頼。

近くに適当な業者さんがなく、「葬送の自由をすすめる会」の紹介で、宇野港からの散骨になったとのこと。

海洋散骨

私も家族葬と海洋散骨を希望している一人ですので、故人の思いがよくわかります。

今日、手紙を添えて、散骨場所の分かる地図情報をお送りしました。

手紙には、

「瀬戸内海は島々が密集していて、どこに行っても陸地が見える海です。

反面、外国のヨットマンなどからは、こんなに島が見られ、船が行き交う海は他にはないと、絶賛される海でもあります。

勝手ながら、故人の方も今そんな瀬戸内海に驚かされているのではないかと思っています。

海は世界中繋がっています。多分、故人の方もこれから世界の海に旅立たれるのではないかと思っています。

そして、また瀬戸内海に戻って来られた時には「お帰りなさい」と言いたいです。

故人のご冥福をお祈り申し上げます。」

と、書き添えました。