瀬戸内地域活性化プロジェクト‬@手島・讃岐広島

瀬戸内地域活性化プロジェクトのみなさんと、高松から西の島、手島、讃岐広島へアイランドホッピングです。

9時高松港出港。

香川大学瀬戸内地域活性化プロジェクト‬のみなさん

小与島ほか、瀬戸大橋のかかる島々、与島、羽佐島、岩黒島、櫃石島の橋梁を見上げながら、

瀬戸大橋をくぐる

10時40分、手島港到着です。

手島の高田さんの案内でプロジェクトのみなさんは島内見学へ。

手島港到着

みなさんの後を追って手島港の反対側にある西浦へ、歩いて20分ほど。

手島西浦

開墾された畑には手島特産の唐辛子畑。

高田さんが作る本鷹がこちらに紹介されています⇒丸亀市職人の技

手島特産の唐辛子畑

プロジェクトのみなさんと合流。

瀬戸内地域活性化プロジェクト‬

プロジェクトのみなさん、熱心に高田さんのお話しを聞きながらメモを取ってます。

瀬戸内地域活性化プロジェクト‬

プロジェクトのみなさんは唐辛子畑へ、高田さんはこの日のために唐辛子の収穫を先送りして待ってくれていたそうです。

みなさん帰ってきたときはポケットにマイトウガシを持ってました^^

瀬戸内地域活性化プロジェクト‬

私は反対方向の岩場の散策へ。

ここ西浦は35年ほど前によく来た場所で懐かしさもあって散策させて頂きました。

 

手島西浦

西浦からは小手島や岡山の笠岡諸島、その向こうには本州の山々が望め天気のいい日はとっても美しい景色と出会える場所です。

夏は家族で磯遊びにはもってこいの場所でもあります。

岩場にある潮のたまり場にはいろんな生き物(アメフラシ)が居たり、

アメフラシ

大きなカラス貝(ムラサキイガイ)も、

ムラサキイガイ

子供たちの遊び場ですね。

普段見かけることのない、大きく育ったソテツ。

大きなソテツ

変わった形のカイズカイブキ。

変わった形のカイズカイブキ

バベの木も。

変わった形のバベの木

その他に太いクスの木など、何故か普段見かけない形の木々がアチコチにあります。

13時手島港を出港、讃岐広島江の浦港へ。

瀬戸内地域活性化プロジェクト‬

プロジェクトのみなさんは江の浦周辺の見学へ。

讃岐広島 江の浦港

江の浦海水浴場です。

夏の賑わいの後、アオサがびっしり流れ着いていました。

江の浦海水浴場

江の浦海水浴場

広島中学校の分かれ道、まっすぐ行くと青木、右は茂浦へ。

左が茂浦

右に曲がってすぐは広島中学校正門前。

広島中学校

そのまま茂浦への道を行くとおばちゃんが一人畑仕事、のどかな風景です。

江の浦周辺

キレイに剪定されたバベの木、一見アートに見えたり。

変わった形のバベの木

志々島のクスノ木にはかないませんが大きいです。

大きなクスノ木

島内に45基ある「いろは石」、こちらに詳しくありました⇒いろは石

ここは「ろ」です。いろは石をたどって島内を散策するのも楽しそうです。

 

広島いろは石

この先の集落茂浦まではあと30分ほど歩かなくてはいけません。また後日ということで、ここまでです。

茂浦へ

江の浦フェリー乗り場案内所にはいろは石の写真が飾られていました。

今日も50人ほどの団体さんが島を歩きに来てるとのことでした。

江の浦フェリー乗り場

丸亀からのフェリーです。

江の浦フェリー

16時過ぎ、江の浦港を出港、サンセットクルージングで帰路につきます。

サンセットクルーズ

残念ながら曇り空でプチサンセットでしたが、サンポートの夜景はとっても奇麗でした。

17時30分高松港着、瀬戸内地域活性化プロジェクトのみなさん、お疲れさまでした。

これからも瀬戸内の島々へ若者が行き来することを願っています。

高松港着お疲れさんでした

スナメリが住む塩飽諸島

2015年4月23日(木)

春うらら、本島から佐柳島まで電力さんのお手伝いで昔懐かしい塩飽諸島めぐりに行ってきました。

瀬戸大橋をくぐる

丸亀港入り口丸亀競艇場の北にある富士見港からスタートです。

廃船を利用したエコな給油桟橋です。

この付近は路上駐車OKですので、お車で来られる方には便利。

丸亀富士見港

今日の塩飽諸島めぐりでは、懐かしい人達や犬や猫たち、今では珍しいスナメリ(イルカの仲間)に出会ったりしてきました。

塩飽諸島めぐり地図

本島泊港へ、この島は今から35年ほど前に住んでいたところ、当時島の人口は1,500人ほどだったのが、今では400人ほど、車で走ってもほとんど人影を見ない。

本島は幕府からこの海域の統治を任されていたり、咸臨丸の水夫としてその高度な操船技術を認められたり、宮の浜の塩飽勤番所や水夫が多く居た笠島地区は有名。

咸臨丸には本島の水夫がたくさん乗船

漁師さんがたくさんいる小阪地区、人にはあまり逢えず、犬や猫ちゃんがお出迎え。

小阪地区では犬や猫ちゃんがお出迎え 小阪地区では犬や猫のお出迎え

福田でお世話になった田中店、今でも行くと「あれこれ食べな」とか、「いろいろ持って帰れ」と言って歓迎してくれる、うれしいことです。

福田の田中店、いつでも歓迎してくれる

店は留守でも開けっ放し、近所の人が買い物にきたら書置きをして持って帰る、島ではプライバシーが皆無というぐらい隣近所のことを知ってる。

確かに若い人は島を離れ高齢化が進み大変だけど、元気な人がご近所の年寄りを支えていてそれなりに穏やかに暮らしてるようにみえる。

島に人を呼び込んで活性化するのもいいけど、ここに居るとこのまま静かでのんびりとした島でいいような気さえする。

さてとお昼ご飯、今日は木曜日で本島唯一のお食事処「所見坊(じょうけんぼう)」は定休日、で、笠島の「古民家カフェ吾亦紅(われもこう)」へ。

本島笠島の吾亦紅 本島笠島の吾亦紅

予約なしでもカレー720円はいつでもOKだそうで、その他料理は要予約。雰囲気もいいしカレーも美味しかったです。

本島笠島の吾亦紅

次は、牛島小浦港、この港は浅くて満潮時に合わせて入港。

ここに一軒だけあるマニアックな民宿、海外、東京などからのリピーターが多い、私が本島で住んでたころに「ボンちゃん」って変った人が住んでいて、ここで素裸で泳いだり変な意味で評判だった、懐かしい。こちらのブログ「牛島孤島生活ノート」参照です。

牛島小浦港

ここから讃岐広島の立石港経由、江の浦港へ。

立石港 讃岐広島江の浦港へ

江の浦港を出るとカモメのお見送り、本島の田中店でもらったエビセン目当てです。

カモメのお見送り

次は手島、島の人は高松の豊島とよく間違えられると言ってました。

久方の手島、フェリーとは別に高速艇が着く立派な桟橋が出来ていた。

手島の桟橋

20世帯人口31人の島ですけど自然多き島、廃校となった学校を利用して宿泊学習をやったり夏場は賑やかです。

手島から次の佐柳島への途中でスナメリに出会いました。

30年ほど前はこの海域で頻繁に見られてましたが、今はほとんど見ることがないスナメリです。

残念ながら写真に収められず、こんなイルカに背びれがない体型をしてます。

当時は背びれのない体型から漁師さんなどはスナメリクジラって呼んでました。

どんどん増えてほしいですね。

スナメリ発見 スナメリ

最後となった佐柳島長崎港。

浮き桟橋からは階段で上がり降りするコンパクトな桟橋ができてました。

ここは、となりの高見島と並んで人懐っこい猫ちゃんが多いことで知られてますね。

この島の北側は岡山県、笠島諸島最南端の真鍋島(島宿三虎の島)がすぐそこに見えます。

佐柳島長崎港

塩飽諸島の島々は変っているようで変ってなく、まだ35年前の記憶と重ね合わせることができます。

どこも島の人口が減ってるのに港の桟橋など設備が良くなってるのには驚きました、でも人を呼び戻すにはそういったインフラの整備からなんだと思います。

いろんな出会いや発見がある瀬戸内海、これからもそんな瀬戸内海を見つめながらこの仕事をやっていこうと思っています。

今日もご利用ありがとうございました