ビストロ伊織リサーチ@男木島

東京からとその仲良しお友達の3人で男木島クルージングに行ってきました。

男木島クルージング

3人の目的は、昨日男木島でオープンしたフレンチレストラン「ビストロ伊織」でのランチです。

場所は男木島港から歩いて5分、民宿さくらの裏。

ビストロ伊織

ビストロ伊織

ここを曲がったところに、シェフ前田さんご夫婦手作りのお店があります。

ビストロ伊織

大変忙しい最中でしたが、シェフは笑顔で応対してくれました。サンクス!

ビストロ伊織

本日のメニューは、

ビストロ伊織

店内はというと、こんな感じ、内装品、装飾もすべて前田さんご夫婦の手作り!

ビストロ伊織

本日のランチが運ばれてきました。

ビストロ伊織のランチ

これには、もれなくシェフの笑顔と、楽しい講釈が付くようです。

ビストロ伊織のランチ

しし(イノシシ)肉のミートパイ

ビストロ伊織のランチ

男木タコのソースオイリ、

ビストロ伊織のランチ

スズキのポアレソースタラブン、

ビストロ伊織のランチ

後は、ごめんなさい、聞き逃しました。

ビストロ伊織のランチ

黙っていればイノシシ肉とは分からないほど野獣の香りがなくて、とっても美味しい。

ビストロ伊織のランチ

忘れてしまった食材!?も食べやすくて美味しい。

ビストロ伊織のランチ

とどめのデザート、「え~これで1,500円って続けられるの、本当に大丈夫?」って訊くと、

「大丈夫、続けます」とはっきりと答えてくれた。

ビストロ伊織のランチ

私を含め、みなさん島でのフレンチに大満足です。

外に出ると、建築中に居付いたという親ネコと子ネコ2匹の看板ネコが待ってます。

ビストロ伊織のネコ

食事に癒され、ネコに癒され・・・

ビストロ伊織のネコ

こちらが親ネコ、長く伸びた足はバレリーナのよう。舞台は温水器の上。

ビストロ伊織のネコ

ビストロ伊織を後にして、食後の運動がてら男木島灯台へ。

畑をキレイに整備されている島の方からスイセンをいただきました。思わぬプレセントに感激です。

男木島灯台へ

曇りの予報に反して青空も見えだして、とっても気持ちがいい。

男木島灯台へ

帰りに海から見る男木島灯台、とってもステキです。

男木島灯台へ

男木島灯台、今は黄色いツワブキの花が満開、スイセンの花もこれからです。

美味しいフレンチのお店が加わった男木島、行くたびに新しい発見が待ってる男木島、何度行っても飽きません。

2015シルバーウイーク最終日@高見島、犬島

シルバーウイーク最終日のお仕事、高見島から犬島です。

まだ夜が明かぬ早朝、ヤギたちに餌をやって行ってきますと自宅を出発。

2015シルバーウイーク最終日

白々と夜が明けるころ、母港へ到着。

2015シルバーウイーク最終日

給油を済ませ高見島へ向かいます。すがすがしい朝となりました。

昨夕はサンセット、今朝はサンライズと、ありがたいかな贅沢な時間です。

2015シルバーウイーク最終日

途中、大型客船とすれ違い、

2015シルバーウイーク最終日

AIS情報で確認すると、韓国籍の旅客船で大阪へ向かってました。

2015シルバーウイーク最終日

近年、瀬戸内海を往来する大型客船が増えたような気がしています。

こんな船を間近に見られるのも瀬戸内海の魅力、備讃瀬戸航路のお陰です。

朝日を浴びる瀬戸大橋、橋脚が立つのはかつて灯台があった三つ子島。

2015シルバーウイーク最終日

1時間半で高見島浜港に到着、桟橋の前にはこんなものが・・・

2015シルバーウイーク最終日

そのポーズがなんとも愛らしい、札には9月17日から約一ヶ月の展示らしいことが書かれていた。

2015シルバーウイーク最終日

なんか愛着があって・・・、ずっと展示していて欲しいような気がするが・・・

2015シルバーウイーク最終日

港で待機中、ネコがやってきてチョコンと両足の間に納まる。

2015シルバーウイーク最終日

このネコたち、港のすぐ前のお家で飼われてるネコ、ご主人が自転車で散歩する後をついてくるんだそうです。

島ネコはどこもおっとりしていて人懐っこい。

2015シルバーウイーク最終日

5匹ほど居てどれも模様が違うネコ、ご主人いわく、アチコチ行って作ったんでしょうね、とのこと。

出港予定の8時20分、お客さんは、昨日のパフォーマーの方々、島の方々に見送られて出航です。

2015シルバーウイーク最終日

瀬戸大橋通過では歓声が上がったりで終始楽しいクルージング。

2015シルバーウイーク最終日

いいですね~、瀬戸大橋通過からは、台風21号の影響なのか風が出て波しぶきを浴びながらのクルージング、それでもみなさん喜んでくれました。

出発から1時間40分、犬島到着、ここでも来年の瀬戸芸の下調べなのだそうです、みなさんお疲れさんです。

2016瀬戸芸頑張ってください!

2015シルバーウイーク最終日

怒涛のシルバーウイーク5日間、予定していたクルージングもこれで終了です。

IMGP5324

給油を済ませ母港へ、

2015シルバーウイーク最終日

4日間食べれなかったうどん、久々のうどん、思いっきりいただきました(^^)

2015シルバーウイーク最終日

2015シルバーウイークルーズ2日目@真鍋島、佐柳島、本島

島宿三虎の朝、南国にいるような不思議な風景。

三虎の朝

佐柳島の向こうから、だんだんと夜が明けてきて、

島宿三虎の朝

陽が上がるころにはテラス席にも人影が見えだします。

島宿三虎の朝

赤く染まったヤシの木とログハウス。

島宿三虎の朝

朝の浜辺を散歩、空はうろこ雲、ゴミがない浜辺、気持ちのいい朝です。

島宿三虎の朝

島宿三虎の朝

ご主人の久一さん、深夜操業の底引き船から新鮮な魚を仕入れていました。

島宿三虎の朝

潮の引いた桟橋の急斜面を上がるために買ったという電動一輪車、ディスクブレーキまで付いてます。

電動一輪車

手に持ってるのは電動ウロコ取り機、おもしろいことにあっという間にウロコが取れています。

とにかくアイデアマンのご主人、一年もののタイは干して販売するとのこと。

電動うろこ取り機

さて、お楽しみの朝食もテラス席で、この海苔も三虎マークが入った販売品、パリパリで美味しい。

島宿三虎の朝食

ハシ入れにも三虎マークが、

島宿三虎の朝食

後から運ばれてきたタイの頭とハモの味噌汁、ご飯も進むくん、朝から食べ過ぎです。

島宿三虎の朝食

三虎のみちるさんも教えてもらったという、タコ採り磯名人だそうです。

磯名人

海の幸がたくさんなんですね、桟橋からもタコの足が見える。

タコ

これを手作りの引っ掛けでゲット。

タコ採り名人

この日、タコだけで10数匹採ってました。スゴイ!

これから出港、今日の予定は粟島経由本島でしたが、佐柳島のネコを見ようってことで佐柳島へ、ってことで乾杯!

島宿三虎を出港

10分ほどで佐柳島本浦港です。

佐柳島へ

途中のネコを眺めながら、目指すは山路商店前。

佐柳島のネコ

山路商店前、もはやキャットフードではなかなか集まらず、必殺技お店でイワシの缶詰をゲット。

佐柳島本浦のネコ

この缶詰、ビックリするほど食いつきがいいです。

佐柳島本浦のネコ

こんなネコの姿も見られます。

佐柳島本浦のネコ

やがて両手を上げて、

佐柳島本浦のネコ

キャッチ、

佐柳島本浦のネコ

ナカナカのもんです。

予定の粟島は次回ということで、本島屋釜海水浴場へ。

本島屋釜海水浴場へ

私がお昼の用意をしている間に、みなさん本島イルカ村見学です。

本島イルカ村

イルカの感想はとっても人懐っこくて楽しかったとのことでした。

数人のイルカ村見学者の方と、あとは私たちだけの海水浴場。

本島屋釜海水浴場にて

場所もシャワー、トイレ、水道がすぐ横にあってとっても便利。

BBQは焼肉のほか、三虎で作ってもらったオムスビを焼いたり、焼きそば、自宅から持ってきた野菜など、なかなか好評でしたよ~(^^)

本島屋釜海水浴場にて

笑顔をありがとうございます。

本島屋釜海水浴場にて

やがてみなさん海の中へ、

ちょっと曇っていたのが残念ですが、それでもしっかり楽しんでくれました。

本島屋釜海水浴場にて

みなさんお疲れさん、15時半に本島屋釜海水浴場を後にして帰り道の瀬戸大橋。

瀬戸大橋をくぐる

1時間弱で宇野港到着、

残念、みなさんのお見送り風景を撮るのを忘れていました。

宇野港

S様ファミリーの皆さま、今回は私方の船を利用していただき大変ありがとうございました。

早い時期から相談をお受けして企画したこともあって、ほぼ予定どおりの運航ができたと思っています。本当は私自身が一番楽しまさせていただいたのかも知れませんね。

またいろんなクルージングを企画したいと思いますので、またのご利用をお待ちしています(^^)

佐柳島のネコ

瀬戸内海の有人島には必ずネコが居て、ネコ好きの人たちに人気となっている。

そんな中、最近問い合わせがあったり、ブログなどの紹介で人気上昇中の島が佐柳島らしい。

佐柳島本浦港

多度津からのフェリーが発着する佐柳島本浦港。

お客さまの待ち時間でネコたちを探しに周辺を散策してみました。

港から北へ行くと、浮き球にペイントされたネコたちに遭遇。

佐柳島のネコ

写真を撮ってると奥のほうからヒョコヒョコとやってきたネコちゃん、目の前で体をなめたりリラックスタイム(^^)

佐柳島のネコ

なかなか人馴れしてるにゃ~

港に戻ると電気の検針さんがいて、その回りに3匹ほどのネコのお供。

ネコと一緒に検針ですか~って声を掛けると、そうこの向こうにネコのたまり場があるんですよ~、って教えてくれた。

そこへ向かってる途中、集会場にネコが・・・

佐柳島のネコ

路地を見るとネコ。

佐柳島のネコ

検針さんが話していたネコがたくさん居るという山路商店さん。

佐柳島のネコ

奥さんが居て話をしたら、ここには20数匹が居るんですよ~、って、

飼ってるんですか?って訊くと、そうね飼ってるようなもんやね、って、毎朝ネコがやってきて餌をねだるんだそうです。

佐柳島のネコ

お店のどこかから、グ~~グ~~って音がする。

佐柳島のネコ

よく見ると洗い場の下で子ネコが寝てた。

佐柳島のネコ

ネコの喉をなでるとゴロゴロって言うのは知ってたけど、こんなに大きなイビキをかくってのは知らなかった。

付近の掲示板には「ネコの写真コンクール」ってものが貼ってあった。

佐柳島のネコ

コンクールは島の関係者だけ、ってのが残念だけどネコの島らしいにゃ~。

あいにくの曇り空だけど、島の景色は非日常でいい。

佐柳島

佐柳島

港までの帰り道、

佐柳島のネコ

通り過ぎる私を目で追うわけでもなく、とってもマイペースなネコたち。

佐柳島のネコ

佐柳島のネコたち、餌をねだる訳でもなく、じっと目を合わせ逃げる訳でもない、ごくごく自然なふるまいがネコ好きたちを魅了してるのだなあって思った。

動物は飼い主に似るっていうけど、人懐っこさは島の人たちに似たのだろうね。

佐柳島のネコたち

ヨットで男木島

今年1月に広島県から回航してきたヨットBlue waveⅡ。

オーナーのH多さんが半年をかけてコツコツとメンテナンスしてきました。

本日、その完成お祝いクルージング、ヨットで男木島です。

まずはシャンパンで、ヨット完成おめでとう!

乾杯

梅雨まだ明けずですけど、最高のセーリング日和、11時にマリーナを出港、風は東の風3~4mで少し物足りずでしょうか。

ヨットで男木島

青い空と海、さわやかな風のセーリング、とっても気持ちいい!

ヨットで男木島

約2時間のセーリングで男木島へ。

男木島テーブルでちょっと遅い昼食、いつもよくしてくれる浜口さんから焼き魚のプレゼント、うれしいぃ~、おいしいぃ~!

男木島テーブルでランチ

オンバカフェで食後のひと時、デッキからの眺めに癒されながらの一杯、遠くには瀬戸大橋が・・・

オンバカフェでのひと時

細い坂道の景観を楽しみながら、男木島美術館アキノリウムへ。

男木島の坂道

今日はかわいいお姉さんがお出迎え、

男木島アキノリウムへ

実は先週からですけど、館内の鑑賞が有料(300円)となりました。

それでも観る価値、聴く価値ありのアキノリウムです。

男木島アキノリウム

男3人旅、この後玉姫神社へ。

男の島ながらここは安産の神様、

男木島玉姫神社へ

おっさんたちはボケずに暗算ができるように!なぁ~んて冗談言いながらお参り。

集落のなかでは一番高い場所、女木島の向こうに高松市内の景観がうっすら、街を離れて島に来てるんだなあ、って感じる場所です。

玉姫さんからの景色

ネコたちのお出迎えを受けながら東の漁港へ。

男木島のネコ 男木島のネコ

私もネコ好き、動物好きですけど、今男木島ではネコの繁殖に困っていて、あちらこちらにネコに餌を与えないで!って張り紙があるのがちょっと残念です。

でもネコ好きの人が来て島が賑わってるのも現実のこと、マナ~を守ってネコとタワむれましょうね。

男木島のネコ

漁港で船の整備をしているオンバの大島さん、この船を使って観光漁業を目指しています。

採った魚は持ち帰れるようです、その日が待ち遠しいですね。

観光漁業を目指す

久々のヨットセーリング、帰りは風も吹いてすべるようにマリーナへ。

ヨットで男木島、島ならでは、ヨットならではの、のんびり旅でした。

ヨットで男木島