安全講習会に参加

四国運輸局が開催する、「海上タクシー、遊覧船等にかかる安全講習会」に行ってきました。

写真は高松市朝日新町にある四国運輸局の建物とその前の港、ちょうど海上保安庁の巡視船が着岸したところ。

今回の講師を乗せてきたようです。

四国運輸局前の港

今回の講習会は、今年4月に連続して発生した海上タクシー事故に対し、今後安全の徹底をはかるためのものです。

会場はテレビ、プレス関係の方が4~5社ほど見えます、それほどニュース性が高いのでしょう。

講習会会場にはメディアの人たちが・・

挨拶の後、海上保安庁の講師の方から先般の事故状況や関連する事故について説明があり、運航にあたっての注意事項や、事故時の対応について話しがあった。

海上タクシーの安全講習会

講習会では、海上タクシー、遊覧船などの海難事故は全体の事故に比べ少ないとしながら、今回のように重大事故が続発したことを重く受け止めている様子がヒシヒシと感じ取られた。

主な内容では、出航前の確実な点検、安全装備品の確認、常に気を引き締めて操船にあたることの大事さ、もしもの時にはまずお客さんにライフジャケットを確実に装着させるよう日ごろから訓練をしておくことなど。

今日の話しを参考に今一度見直しをしなければ、と感じた。

今日の安全講習会について、夕方にはさっそくニュースで流れたようだ。

NHKnews 海上タクシーの安全講習会

NHKニュース「海上タクシー安全講習会」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です