ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

小与島の歴史

2019年5月7日(火)晴れ

ユアクルーズのホームページの中でも検索トップが2014年に書いたブログ「小与島散策」です。
何が興味を惹いてるのか、おそらくグランドキャニオンのような採石跡、廃墟となったホテルアクア小与島のことを知りたい、またはアクセス方法を知りたいということではないかと思う。

私も小与島のことを知ろうと思い検索すると、ブログを書いた翌年2015年放送のNHKアーカイブスに、1980年ごろの採石業の繁栄から衰退への記録があった。
こちらから⇒「小与島~瀬戸内海に浮かぶ夢の跡

ただ、廃墟となったホテルアクア小与島の経緯について記述された記事は少ない。

2007年ごろだったか新聞報道で競売にかけられ、ある会社が4000万円ほどで落札した、との情報が記憶にある。
その後、島民の話しから落札した会社がホテルを再開しようとしたが工事費などあまりの経費に断念して国に返したとの情報もある。

現在でも廃墟マニアに人気になってるとか、ホテルを再開して欲しいとの声を聞いたりする。
あまりにも周囲のロケーションやホテルの外観がすばらしいので見るたびに何か有効に活用できる施策はないものかと思ってしまう。

牛窓・黒島クルージング

2019年5月4日(土)晴れ

ザ・ホテルリマーニ&スパのランチ、黒島ビーナスロード体験、女木島散策のクルージングに行ってきました。

満潮時の黒島上陸、

キャンプの人たちが砂浜でテントを張ってBBQ、昨年から無人島になったそうです。

海からアクセスできる白亜のリマーニはリゾート感満載、

目の前は青い空と海、船に島、

バツグンのロケーションに、ランチはギリシャ人シェフが作るヒツジ肉の料理で心はすっかりオーバーシーでした。

ランチの後は、もう一度ホテルから5分の黒島にあるビーナスロードへ、

ちょうど大潮の干潮で連休とあってたくさんのファミリーで賑わってました。

帰路立ち寄った女木島、今年の瀬戸芸でブレイクしそうです。

砂浜を散策、瀬戸芸2019と同時に開店したという龍潜荘でちょっと休息、

お疲れさま高松港まではキレイな夕陽がお見送りしてくれました。

瀬戸芸2019宇野港

2019年5月1日(水)雨時々曇り

時間待ちで瀬戸芸2019の作品鑑賞へ、

案内所の横にあるアートな自転車、小沢敦志さん作の「終点の先へ」

同じく小沢さんの「船底の記憶」前期も見かけたがキレイにお化粧直しされている。

その向こうに見えるのはイノシシ!

淀川テクニックこと柴田英昭さんの「真庭のシシ」真庭町で拾ったゴミで作られているらしい。

作品名は書いてあったが、なぜか作品ナンバーがなくスタンプも置いていない。

ユーモラスでありながら迫力があり、ゴミの使い方、色使いが見事な今回一番おもしろい作品だった。

ゴミひとつひとつが何?って見るのも楽しい。

JR宇野駅の西にある世界の連絡船の写真を飾った宇野港「連絡船の町」プロジェクト

JR宇野駅もアートな駅に、沿線の四つの駅が同じようにデザインされてるらしいです。

瀬戸芸作品ではないがおもしろい駅前のオブジェ、

これも瀬戸芸作品ではないですが、広場のモニュメント、

こちらも小沢敦志さんの作品、

こちらが2010年の作品「宇野のチヌ」キレイにお化粧直しされていました。

2016年に追加された小チヌ、

すべり台になってます。

歩いてると所々に四コママンガが、

こんな案内が描かれています。

アートを観ながらお散歩できるコースでした。

そして、昔よく利用させてもらってた、宇高連絡船、この乗り場もアートなイルミネーション?、

よく分からない作品でしたが、私の年代の方々にはこの乗り場は懐かしい思い出がいっぱいあるように思います。

直島からのフェリーには外国人らしき人たちでいっぱい。

瀬戸大橋に車が流れ、一時は閑散とした町に活気があふれてました

男木島で躍り込みが開催

2019年4月28日(日)曇り

今日は男木島で今期3回目となる躍り込みイベントが開催されました。

乗船客の多さに急遽臨時便のめおん も出て大盛況でした。

躍り込みイベントは今回で最後、ユアクルーズも最後の躍り込みイベントを見ようと男木島へ行ってきました。

臨時便のめおん が返ってくるまで、風向のカタマランヨットに横付けして時間待ち。

11時過ぎ、めおんが港から出航と同時に始まりました。

一旦、沖でグルグル回って、港に入りここでもグルグルと切腹ピストルズの鐘太鼓が賑やかにイベントを盛り上げます。

躍り込みが終わり、港に上がってもち投げです。

今日の男木島は過去最高600人を超える入島者だったそうです。

それにしても、瀬戸芸名物の躍り込みイベントは今回が最後ってのが残念です。

直島周辺の無人島

以前、どこか無人島に上陸したいとのリクエストで小型ボートを積んで行き上陸した島、

無人島と思っていたが、よく見ると一軒の建物が見えます。

場所は、直島の釣り公園東にある小島、尾高島と表記されている島です。

無人島と思ってた島に建物がある。それも切り立った岩場を登らないと行けそうにない場所。

Google mapでもハッキリ写っています。島の北側には防波堤のような物、港として造られた跡も見える。

ずっと興味津々で何か情報がないか探していましたが、残念ながら詳しい情報は見つかりませんでした。

唯一ヒットしたネット情報では無人島となっています。

その他周辺の無人島情報もあり、柏島の南半分は元栗林公園にあった動物園が所有していることを聞いたことがあるが、ネットにも戦前には動物遊園地があったと書かれている。

まだまだ知らない島々がたくさんあることや、そこにある歴史や現状に興味が出てくる。

ネット情報はこちらから頂きました。

http://imagic.qee.jp/sima3/kagawa/naoshima_fukin.html